Bahamadia / KOLLAGE (1996)

Bahamadia / KOLLAGE (1996)

フィラデルフィア出身、Bahamadia デビュー・アルバム。実力派female rapper。ささやき系でlaid backした彼女のフロウがセンスいい音に見事に合っている曲ばかり。これも飽きがこない1枚です。

Bahamadia / KOLLAGE (1996)

  1. Intro
  2. WordPlay
  3. Spontaneity
  4. Rugged Ruff
  5. Interlude
  6. I Confess
  7. Uknowhowwedu
  8. Interlude
  9. Total Wreck
  10. Innovation
  11. Da Jawn featuring The Roots
  12. Interlude
  13. True Honey Buns (Dat Freak Shit)
  14. 3 the Hard Way featuring K-Swift and Mecca Starr
  15. Biggest Part of Me

彼女のフロウはどこか怪しげな魅力があります。聴いてるうちにひきこまれていく・・・。

GangstarrのDJ PremierとGuruのお二人をメインに、Da Beatminerz、Ski、The Rootsがプロデュースに参加。

「Spontaneity」はDa Beatminerzプロデュースの、キレイにまとまった一曲。

N.O. Joeがプロデュースした「I Confess」は、Marvin Gayeの曲「Let’s Get It On」にのせて、女性コーラスが気持ちいい。

「Da Jawn」はナマ音ヒップホップではピカイチのThe Rootsがプロデュースした、The Roots色たっぷりの曲。Funky 4+1の「That’s the Joint」をサンプリング。

2ndシングルとしてリリースされた「Unknowhowedu」は、rapチャートでトップ20以内にいく程には流行りました。A Tribe Called Questの「The Chase, Part II」、Schoolly D.の「Gucci Time」がサンプリングされていて、彼女の囁き声とライトに弾む曲調が思わず体を揺らしてしまいます。



RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です