Coolbone / BRASS-HOP (1997)

ニューオリンズ・ブラスバンドとヒップホップの融合 – Coolbone

ニューオリンズのバンド Coolbone が1997年にリリースしたデビュー・アルバム。ブラスバンドとヒップホップをミックスした、生演奏のライブ感が楽しめるアルバム。

Coolbone / BRASS-HOP (1997)

01. Mellow Roo
02. Brass-Hop
03. Float Like a Butterfly
04. I Ain’t Got None
05. The Rescue
06. Gotta Sweat (When Ya Black)
07. The Middle Passage
08. Nothin’ But Strife
09. What’s Hip
10. Changing Hands
11. Layin’ It Down
12. Phat City
13. Multitude of Blues
14. Use Me
15. The Saints
16. Spread da Funk
17. Mellow Roo (Slight Return)
18. Nothin’ But Strife (Groove mix)

Guruの「jazzmattaz」のシリーズのようなジャズな雰囲気に、brassがもっと前面に出てる感じ。実際、Nothin’ But Strife (Groove mix)のリミックスとプロデュースにGuruがクレジットされてます。

主なメンバーは、トロンボーン&ヴォーカルのSteve “Coolbone” Johnson、アルト・サックスのDarryl “Dee Jay Thall” Johnson、トランペットとトロンボーンのErnest “Juice” Johnson Jr.、チューバとパーカッションのRonell “Roo” JohnsonのJohsonファミリーと、トランペットのAndre “Big Dre” Carter、リード・ラップとトランペットのEric “Cash-Us” Clay。

Eric ClayはMuhammad Aliのいとことか? 3曲目ではタイトルからも想像できるように、Float like a butterfly sting as a bee~のリリックが。



RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です