Jackie Brown: Music from the Miramax Motion Picture (1997)

Jackie Brown: Music from the Miramax Motion Picture (1997)

Quentin Tarantino監督、主演Pam Grierで1997年公開された映画「JACKIE BROWN 邦題:ジャッキー・ブラウン (1997)」のサウンドトラック。ジャケットデザイン、タイトルロゴも超好み!

Jackie Brown: Music from the Miramax Motion Picture (1997)

  1. Across 110th Street / Bobby Womack and Peace
  2. Beaumont’s Lament (Dialogue excerpt featuring Samuel L. Jackson & Robert De Niro)
  3. Strawberry Letter 23 / The Brothers Johnson
  4. Melanie, Simone and Sheronda (Dialogue excerpt featuring Samuel L. Jackson & Robert De Niro)
  5. Who Is He (And What Is He to You)? / Bill Withers
  6. Tennessee Stud / Johnny Cash
  7. Natural High / Bloodstone
  8. Long Time Woman / Pam Grier
  9. Detroit 9000 (Dialogue excerpt featuring Council Cargle)
  10. (Holy Matrimony) Letter to the Firm / Foxy Brown
  11. Street Life / Randy Crawford
  12. Didn’t I (Blow Your Mind This Time) / The Delfonics
  13. Midnight Confessions / The Grass Roots
  14. Inside My Love / Minnie Riperton
  15. Just Ask Melanie (Dialogue excerpt featuring Samuel L. Jackson, Robert De Niro & Bridget Fonda)
  16. The Lions and the Cucumber / The Vampire Sound Incorporation
  17. Monte Carlo Nights / Elliot Easton’s Tiki Gods

タランティーノ監督がエグゼクティブプロデューサーとして参加しているサントラ。映画のセリフも挿入されていて、これがまた雰囲気がいい。

主人公Jackie BrownとMax Cherryが聴いていただろう、1970年代の名曲ばかり。これまた映画のシーンともすごく合った使い方されていて、音楽も映画のシーンと共に印象に残るように作られているんだろうと感じる。

映画のオープニング、「歩くエスカレーター」に乗ってるJackieの凛とした横顔に流れる「Across 110th Street」は、ナイスチョイス。

パム・グリアが10代に録音したという「Long Time Woman」。ウブさも出しながら、堂々と歌っているのがカワイイ。

その他にも「Street Life」、「Inside My Love」なんかも涙ものですね。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です