Ziggy Marley & the Melody Makers / JOY and BLUES (1993)

Ziggy Marley & the Melody Makers / JOY and BLUES (1993)

Bob Marleyの長男Ziggy Marleyとその姉弟達(Sharon、Cedella、Stephen)が織りなす、ハッピーなレゲエ・サウンド。

Ziggy Marley & the Melody Makers / JOY and BLUES (1993)

01. Joy and Blues
02. Brothers and Sisters
03. There She Goes
04. Talk
05. Rebel in Disguise
06. X Marks the Spot
07. Head Top
08. African Herbsman
09. World So Corrupt
10. Garden
11. Mama
12. This One

「There She Goes」は、ほろ苦さの中に感じる強さとか、聴いていて自然と涙が出てしまいそうな曲もあります。ベースにように奏でられるファンキーなギターリフが印象的な「X Marks the Spot」。

「Head Top」では、怪しいビートからルーツ、ロック、ダンスホール、ファンクの要素とコーラスや合いの手のミックスされていて、クセになる。

後半の「World So Corrupt」から「This One」の流れは、現代風コンシャス・レゲエ。

泥臭いルーツ・レゲエではないけれど、ルーツのオーソドックスなノリとオシャレなリズムを上手いこと合わせてる。コアなレゲエ・ファンには敬遠される類かもしれないけど、切ないZiggyの声がメロディやフィーメール・コーラスと絶妙なバランスで一つになっている、1枚通して楽しめるアルバムです。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です