Love & Basketball (2000) 邦題:ワン・オン・ワン -ファイナルゲーム-

スポ魂とロマンス、最後に… Love & Basketball

バスケットボール少女が送る、スポ魂で夢を叶えながらのラブ・ストーリー、2000年公開の「Love & Basketball(邦題: ワン・オン・ワン ファイナルゲーム)」。Spike Leeがプロデューサーとして参加。

Love & Basketball 邦題:ワン・オン・ワン ファイナルゲーム (2000)

Director: Gina Prince-Bythewood
Producers: Spike Lee and Sam Kitt
Starring: Omar Epps, Sanaa Lathan, Alfre Woodard, Dennis Haysbert, Regina Hall, Debbi Morgan, Tyra Banks

何かに打ち込みながらも、どこか気になる存在がいて・・・でも恋より打ち込みたいものがある。結構若い時って、こういうことあるよね。あたしも高校の時は英語や音楽が楽しくって、「男なんていらない!あたし超えるヤツ出てこい!」っていう、「何様」なヤツでした。

それでも気になるコはいて、気になるのだけれど特に付き合いたいとか、そういった感情は湧いてこない。「このコどんな子なんだろ?」って、話したくて近づいたりしてたものです。ま、スキでもない内気な男子に手を振ってたりしていたけれどね。

熱中したいものに出会った人にはわかるだろうけれど、目標を達成するほうが、自分にとって快楽で心地良くて、清々しい。

最後は見てのお楽しみにしておきますが、ちょっと「ありえへ~ん!」というか・・・ギリギリの設定にしないと面白味に欠けるのかもしれないけれど、ちょっと余計で、無茶ですね。 まぁ、映画ですからね!(笑)こういったストーリーだからこそ、キュンとくる人のほうが沢山いるのは確かだけれど!

ただ、その最後の最後に・・・これは面白い、Omar Eppsと「HIGHER LEARNING 邦題:ハイヤー・ラーニング (1995)」で共演してたTyra Banksの姿が!びっくりしましたよ!

これまた少し笑えるのが、Omar Eppsが高校生役という・・・似合えへん!! Sanaa Lathanはそれなりにハイスクールガールっぽくはあるのだけれど、Omarにはちょっと無理があるんちゃいますか!?

監督は「Disappearing Acts (2000 TV) 邦題:フェイスインラブ」と同じのGina Prince-Bythewood。Monicaを演じるSanaa LathanもDisappearing ActsでWesley Snipesの相手役だったです。あ、あの映画、Regina Hallも出演していますね。「この監督にはこの役者」のようなことって、あるよね。

私、Alfre Woodardが好きなのです。なんかちょっと品つくった小綺麗で上品なママって感じで、役に説得力があって映画が締まります。「CROOKLYN (1994) 邦題:クルックリン」の時も、そうだった。Sanaaはこの映画でOmar Eppsとイイ仲になったそうな。でもOmarは後に、ガールズグループのTotalのメンバー、Keisha Spiveyとの子供ができたらしいけれど。



RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です