Rahsaan Patterson / LOVE IN STEREO (1999)

Rahsaan Patterson / LOVE IN STEREO (1999)

デビュー・アルバムRahsaan Pattersonで「Neo Soul (ニュー・クラッシック・ソウル)」の幕開けの一員となったRahsaan Pattersonの2ndアルバム。このアルバムもその道をはずさず、いってくれてます。またジャケットがナルシストぶりを表現しているのか、なんだか「らしい」感じがします。

Rahsaan Patterson / LOVE IN STEREO (1999)

  1. Treat You Like A Queen
  2. Sure Boy
  3. It’s Alright Now
  4. Do You Feel The Way I Do
  5. Friend Of Mine
  6. The Day
  7. It Ain’t Love
  8. Humor
  9. The Moment
  10. So Right
  11. Any Other Love
  12. Get Here

「彼らしさ」といえば、Rashaanはゲイであることを公言していて、「隠し事なんてなんにもないさ」というオープンな人でもある。彼の声も解き放たれているよね。

「Sure Boy」のlyricsでも、こんな風に歌っています。

Cause I’m a sure boy with an open heart
Down to finish what I start
Can’t nobody change my tune

また、一段とセクシーさが増したんじゃないでしょうか。Neo Soul感も、デビュー・アルバムより強め。「Sure Boy」も含めて、「The Day」、「It Ain’t Love」、「So Right」が私のお気に入りです。

実は私、歌声が高いアーティストはあまり好みじゃないのです。でも、彼の高音ヴォイスは、音程がしっかりしているし、セクシーな軽いgroove感やfunknessを感じることができるので好きなのです。

「The Day」はfunkyな音とギターの程よい泣きとコーラスでのせてくれます。70sソウルを感じるイントロの妖しさにワカチコワカチコ、もといワクワクする「It Ain’t Love」。「So Right」はジャジーなベースラインがいいですね。

「Moment」ではBootsyの「Physical Love」を上手いことRahsaan流にアレンジして、歌い上げてます。 期待をはずさない男です。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。