3人のコーラスと1人のベースで構成されているグループ、Soloのデビュー・アルバム。Jimmy JamとTerry Lewisのプロデュースだけれど、いい意味でJam & Lewis色が薄く、New Classic Soul感とオーソドックスなSoulスタイルを適度に合わさっている。

Solo / SOLO (1995)

01. (What A) Wonderful World (Sam Cooke cover)
02. Back 2 da Street
03. Blowin’ My Mind
04. Cupid (Sam Cooke cover)
05. Heaven
06. Xxtra
07. It’s Such a Shame
08. He’s Not Good Enough
09. Another Saturday Night/Everybody Loves to Cha Cha Cha (Sam Cooke cover)
10. Where Do U Want Me to Put It
11. Keep It Right Here
12. I’m Sorry
13. Under the Boardwalk (The Drifters cover)
14. In Bed
15. (Last Night I Made Love) Like Never Before
16. Prince Street
17. Holdin’ On
18. A Change Is Gonna Come (Sam Cooke cover)

甘過ぎずオシャレ。休日にブランチしながら聴きたい。スロウ・テンポな曲でも、コーラスが聴かせてくれるからか、暗く感じる曲はない。本当に爽やか。リードボーカルが自然ながなりで聴かせてくれる「He’s Not Good Enough」もいい。

合間のinterludeでは、Sam Cookeの懐かしいナンバーをベースとアカペラで聞かせてくれる。

またジャケットがオシャレで、私にとっては持ってるだけでも嬉しいCDです。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です