Chaka Demus & Pliers / All She Wrote(1992)

Chaka Demus & Pliers / Tease Me (1992)

Chaka Demus & Pliersの4thアルバム。
このアルバム、アメリカでは「All She Wrote」というタイトルでもリリースされているけれど、全英でかなり売れた。ダミ声のDeeJay、Chakaと、甘くスムースで時に切ないPliersのヴォーカルが、何とも心地いい。ダンスホール・レジェンドなデュオです。

Chaka Demus & Pliers / Tease Me (1992)

01. Tease Me
02. She Don’t Let Nobody
03. Nuh Betta Nuh Deh
04. Bam Bam
05. Friday Evening
06. Let’s Make It Tonight
07. One Nation Under a Groove
08. Tracy
09. Sunshine Day
10. Murder She Wrote
11. Roadrunner
12. I Wanna Be Your Man
13. Twist and Shout
14. Gal Wine

「Twist and Shout」、「One Nation Under a Groove」、「She Don’t Let Nobody」とカヴァー曲も多く、聴きやすいダンスホールになっている。

リディム「STALAG 17」使いの切ない「Bam Bam」とその続きのように同じリディムを使った「Murder She Wrote」。

「I Wanna Be Your Man」は、R&B寄りのレゲエで女性コーラスとPliersのヴォーカルが上手い具合にスィートに溶け合って、Chaka Demusがレゲエ色を高めている。

「Twist and Shout」はChakaがえらくFunkに歌い上げていて、これはもうレゲエの枠を超えている・・・が、超え切っていないとこがいいんだろうな。

プロデュースとアレンジは、このころのダンスホールを席巻していたSly & Robbie。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です