jazz

jazz

ジャズ系音楽も好き。Also, love Jazz music.

MUSIC | 音楽

The Brand New Heavies とステキな仲間たち!「Heavy Rhyme Experience Vol. 1」

1992年発売 The Brand New Heavies のアルバム、「Heavy Rhyme Experience Vol. 1」。BNHのfunkyでgroovyなサウンドと、hiphopやragga muffinのお気りアーティストのコラボレーション。私のお気に入りアルバムの一つです。 正直なところ、このアルバムはリアルタイムで聴いたのではなく、The Pharcydeの「BIZARRE ...
MUSIC | 音楽

前回よりも客演が増えヒップホップ色が濃い目になったGURUの「Jazzmatazz Vol. 2: The New Reality」

GURUのJazzmatazzシリーズの第2弾、1995年リリース「Jazzmatazz Vol. 2: The New Reality」。より客演が多くなり、豪華に感じる。曲も20曲入ってるしね。 今回参加してるのは、Chaka Khan, Ramsey Lewis, Me’Shell N’Degeocello, Jamiroquai, Ronny Jordan, Donald Byrd, Fr...
MUSIC | 音楽

Helen Merrill ヘレン・メリル (1954)

Jazzファンでなくても、彼女の”You’d Be So Nice to Come Home To”は聴いたことあるはず? 彼女の吐息がもれるような、ハスキーな声はたまりませんな。それでいて、何故かsmartというか、 sophisticatedに聴こえる。アレンジがQuincy Jonesで、おまけにClifford BrownのTrumpetのソロまで堪能できるという、ステキな一枚でございます
MUSIC | 音楽

ニューオリンズ・ブラスバンドとヒップホップの融合、Coolboneのデビューアルバム「Brass-hop」

ニューオリンズのバンド、Coolboneが1997年にリリースしたデビュー・アルバム「Brass-hop」。ブラスバンドとヒップホップをミックスした、生演奏のライブ感が楽しめるアルバム。 Mellow Roo Brass-Hop Float Like a Butterfly I Ain't Got None The Rescue Gotta Sweat (When Ya Black) The Mi...
MUSIC | 音楽

Sarah Vaughan with Clifford Brown (1954)

Sassyの愛称で親しまれる彼女の「Lullaby of Birdland」は名曲ですね。 彼女の声はHelen Merrillとはまた違って、粗さはあるけど、それが人情味あふれる(っていうたら、なんか演歌みたいやけどね)。彼女の低音、語尾や スキャットなども哀愁をさそう。 楽しげに歌ってる彼女の「It’s Crazy」も気持ちいい。 Jazz vocal好きな方にはぜひ。
MUSIC | 音楽

J. Spencer / CHIMERA (1993)

J. SpencerはOakland出身のsoprano sax吹きです。albumの大半はgroovyでfunkyでhip-hop色も濃いけど、中にはsmoothyでmoodyな聴かせるsoundもあり。全体にはジャズ・ヒップホップといったところかな。 “Smooth Style”なんて、かなりGroovyでかっこいい。こんなの流してくれるclubありませんか? あたし、かなり踊るけど?ってか、...