R&B

90年代、00年代のR&Bを主に好んで聴きます。まったりしたものよりも爽やかなモノの方が好みかな。

Favorites: Ol School, Brandy, Faith Evans, Mary J Blige, Chrisette Michele, Solo, John Legend, Omarion, Lucy Pearl etc.

ALL ENTRIES | すべて

はっちゃけてるジャケットだけどStand tallな90’s women – TLCのデビューアルバム

1992年発売、ガールズ3人グループTLCのデビューアルバム「Ooooooohhh...OntheTLCTip」NAOKOこのアルバム発売当時、大学生の私。1993年頃からバギーパンツ履くようになりましたわよ。留学から帰ってきて、1994年の冬に1か月遊びにアメリカに行ったときには、セカンド・アルバムの「CrazySexyCool」が発売された後で、MTVでは「Creep」がヘビーローテーションし...
MUSIC | 音楽

Nuttin’ Nyce ジャケットダサくても DOWN 4 WHATEVA!

Nuttin'Nyce最初で最後のアルバム、1994年リリースのDOWN4WHATEVA-90年代前半~中頃のウエストコースとR&Bサウンドのど直球!この時期、色んなガールズ3人組が出てきたよね。その中でNuttin'Nyceはこのアルバム聴く限り、TLCの1st「Ooooooohhh...OnTheTLCTip」な感じでいい風味なのに、そこまで売れませんでしたね。なんせジャケットがコレだしね(ご...
MUSIC | 音楽

Groove Theory – 10 Minute High が心に刺さる

1995年発売のデビュー&セルフタイトルアルバム-GrooveTheoryAmelLarrieuxの優しくて音のように流れることもあれば、たまに不整脈みたいに聞こえてjazzを感じる歌声と、BryceWilsonのオシャレなアレンジ力とプロデュース力が、moothでsilkyだったり、groovyだったり、jazzyでmellowだったりする調べを生みだす。ジャケットからも感じるけれど、Bryce...
MUSIC | 音楽

90年代R&Bグループの美しいコーラス – Assorted Phlavors

1996年発売、NewYorkはBronxの女性4人組R&Bグループ、AssortedPhlavorsのデビューで恐らくラストとなった、セルフタイトルアルバム。90年代半ばから後半にかけてのR&Bは、女性も男性も3~4人組のグループが量産された時期。その中で正直流行りはしなかったけれど、MaryJ.Bligeの「MaryJ.Blige/WHAT’STHE411?(1992)andRemix(199...
MUSIC | 音楽

大人になってセルフタイトルアルバムで帰ってきた – SHANICE

Shanice、1998年発売の4thアルバムは、セルフタイトルアルバム-SHANICEオトナになってcomebackしてきました。Shanicenって、伸びとツヤのある声は魅力的なんだけど、目立つところがないからかあまり取り上げられることがないような。2ndも3rdも、良かったと思うんだけどなぁ。Shaniceの3rdアルバム>>Shanice/21…WAYSTOGROW(1994)01.You...
MUSIC | 音楽

Mary J. Blige が解き放たれた The Breakthrough

MaryJ.Bligeの7枚目アルバム、2005年に発売されたTheBreakthrough-あらためて聞き返してみたら、「What'sthe411」に匹敵するくらいイイ。4枚目以降、途中でNoMoreDramaといいながら何かしら吹っ切れないで、歌声も何だか無理してる彼女を感じてた。このアルバムは「TheBreakthrough」というタイトルにピッタリで、伸び伸びとした歌声が戻り、彼女自身を上...