HE GOT GAME (1998) 邦題:ラスト・ゲーム

HE GOT GAME 邦題:ラスト・ゲーム (1998)

director: Spike Lee
starring: Denzel Washington, Ray Allen, Milla Jovovich, Rosario Dawson, John Turturro, Zelda Harris

始まりからSpike Worldです。彼の映画はエンド・ロールまで見逃せません。そこまで何か訴えかけてますから。

HE GOT GAME  邦題:ラスト・ゲーム (1998)

ふとした事故で自分の妻を殺してしまって、15年の刑に服役中の父親(Denzel Washington)と、愛する母を殺してしまった父を憎み、妹の面倒をみながら父親からたたき込まれたバスケットボールで名声を得ようとしてる現実的な子との物語。

黒人文化って皮肉なことに、名声を得るまでは褒め称えてくれるけど、実際名声を得て、富を得ると、みんなが敵にまわっちゃうところってあるんだよね。それはみんなが「everyday struggle」に苦しんでるからなんだろうけど。

私の心に残ったのが、父の行動もそうなんだけど 途中にちょっとだけそのプロジェクト(低所得者団地)地域を牛耳っているBig timeだっけ?がいう言葉。一字一句は覚えていないけれど、よかったら注意して聞いてみてください。「薬・酒・女」がお前をダメにする。

Spike Leeは、家族愛や兄弟愛をよく描くよね。「まず血の繋がってるものを愛せ!」とでも言うかのように。そういってできる血の繋がりが続いたら、色んなヘイトが気がする。

スポーツでの戦いって、健全なことが多いよね。「できるヤツは認められ、認められるヤツは挑戦を受ける」という場面に出会うと、ほんとスカッとする!まぁプロの世界に近づくにつれて、この映画にある「引き抜き」のような汚い部分が存在することもあるけどね。

いつもSpike Leeの作品で感動するのが、色の使い方。黒人らしいっていったら偏見かもしれないけど、でもあの原色の使い方はそうじゃないかなぁ。

Denzel Washingtonの役作りもすごい!
歩き方や話し方、ghettoの父親って感じがよく出ている。これまで彼は、結構スマートな役どころが多かったけれど、今までと違うDenzelが見れた。

他の注目点は、Public Enemyの音。エンディングで流れる「He Got Game」、歌詞もみてほしい。サントラ、「HE GOT GAME soundtrack」も最高です。

ただ、邦題が「Last Game」なんだろう?
私にとっては、彼らの始まりでもあるように映ったんだけれど。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です