Helen Merrill (1954)

Helen Merrill ヘレン・メリル (1954)

Jazzファンでなくても、彼女の”You’d Be So Nice to Come Home To”は聴いたことあるはず?

彼女の吐息がもれるような、ハスキーな声はたまりませんな。それでいて、何故かsmartというか、 sophisticatedに聴こえる。アレンジがQuincy Jonesで、おまけにClifford BrownのTrumpetのソロまで堪能できるという、ステキな一枚でございます


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です