Dr. Dre / The CHRONIC (1992)

Dr. Dre / The CHRONIC (1992)

N.W.Aを去った後リリースしたDr. Dreの1stソロ・アルバム。Chronicとは良質なマリファナのこと。このアルバムがリリースされた半年後くらいから1年間、私はアメリカに滞在していたので、特にシングル曲はMTVなどで流れているのをよく見て、どこででもよく聴いた。Snoop Doggの1stアルバム「Snoop Doggy Dogg / DOGGYSTYLE (1993)」とセット発売されたみたいな感覚だったな。

Dr. Dre / The CHRONIC (1992)

01. The Chronic (Intro)
02. Fuck Wit Dre Day (And Everybody’s Celebratin’)
03. Let Me Ride
04. The Day the Niggaz Took Over
05. Nuthin’ But a “G” Thang
06. Deeez Nuuuts
07. Lil’ Ghetto Boy
08. A Nigga Witta Gun
09. Rat-Tat-Tat-Tat
10. The $20 Sack Pyramid (Skit)
11. Lyrical Gangbang
12. High Powered
13. The Doctor’s Office (Skit)
14. Stranded on Death Row
15. The Roach (The Chronic Outro)
16. Bitches Ain’t Shit

G-funkとギャングスタ・ラップ、西海岸サウンドを一世風靡させ、ヒップホップの新しい文化と歴史を作り出したアルバムといっても過言じゃないと思います。Snoopとの絡みも、またいいバランスなんですよ。

「Let Me Ride」ではParliamentの「Mothership Connection」、「Nuthin’ But a “G” Thang」では、Leon Haywoodの「I Want a Do Something Freaky To You」などのサンプリングが、メロウでlaid-backしたG-funkサウンドを確立させています。

ロー・ライドでベース積んでた車で聴くのが合ってたんですよ、当時は。クイズ番組的なスキット、The $20 Sack Pyramidも好きです。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です