Quincy Jones / Back On the Block (1989)

Quincy Jones / Back On the Block (1989)

後のアルバム、「Q’s Jook Joint (1995)」もすごいけど、この「Back on the Block」もすごい面々とともにQuincyの才能が溢れている1枚です。

Quincy Jones / Back On the Block (1989)

01.Prologue (2 Q’s Rap)
02.Back On The Block
03.I Don’t Go For That
04.I’ll Be Good To You
05.The Verb To Be (Introduction to Wee B. Dooinit)
06.Wee B. Doin’ It (Acapella Party by the Human Bean Band)
07.The Places You Find Love (Introduction to “Birdland”)
08.Birdland
09.Jazz Corner Of The Word
10.Septembro (Brazilian Wedding Song)
11.One Man Woman
12.Tomorrow (Better You, Better Me)
13.Prelude To The Garden
14.The Secret Garden (Sweet Seduction Suite)”

タイトル曲「Back on The Block」では、この頃はまだバリバリにラップしていたIce-Tの渋いフロウが聴けますし、大御所のMelle Mel、Big Daddy Kane、Cool Moe DeeやJesse Jacksonのナレーターも登場。なんともハッピーな曲「I’ll Be Good To You」は、1973年のBrothers Johnsonのもののカバー。Ray CharlesとChaka Khanがいい声を聴かせてくれて、Rayが首を振りながら笑顔で歌っている姿が目に浮かびます。

「The Secret Garden」で、Al B. Sure!、El DeBargeの歌声に、Steve Lukatherのギター。

「Birdland」のMiles Davisの他、Al Jarreau、Barry White、El DeBargeなどなどのすごい面子が参加して、素晴らしい音を聞かせてくれます。

Sarah Vaugh、George Benson、Take 6の「Stembro」は
渋い!「Tomorrow」は、若干12歳のTevin Campbellのハイトーンボイスがまた良い感じに馴染んでいます。

80年代後半から90年代前半を反映した音だったりするけど、アレンジがいいからか何なのかはわかりませんが、常に新鮮に感じる。なんともゴージャスなアルバム。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です