Bone Thugs-N-Harmony / E. 1999 Eternal (1995)

Bone Thugs-N-Harmony / E. 1999 Eternal (1995)

1994年にEP「Creepin on ah Come Up」をリリースした後、N.W.A.メンバーだったEazy-E(前作とこのアルバム両方のexective producerをしてた)が亡くなった1995年にリリースされたBone Thugs-N-Harmonyの3rdアルバム。

Bone Thugs-N-Harmony / E. 1999 Eternal (1995)

1. Da Introduction
2. East 1999
3. Eternal
4. Crept and We Came Down ’71 (The Getaway)
5. Mr Bill Collector
6. Budsmokers Only
7. Crossroads
8. Me Killa (Skit)
9. Land of the Heartless
10. No Shorts No Losses
11. 1st of Tha Month
12. Budds Lovaz
13. Die Die Die
14. Mr Ouija 2 (Skit)
15. Mo Murda
16. Shots to the Double Glock (Tha Dogg Pound Diss) feat. Poetic Hustla’z and Graveyard Shift

シングルカットされた「Tha Crossroads」で存在を知った人達も多いのではないでしょうか。その「Tha Crossroads」はEazy-Eが亡くなってから作られたもので、Eazy-Eをはじめ先に逝ってしまったhomie達を思い、そして「いつか俺達もそうなるんだろう」と歌い、彼らのハーモニーが一段と引き立つ曲となっています。

「Me Killa」はskitだけれど、そのハーモニーが楽しめる。1stシングルの「1st of Tha Month」はChapter 8の「I Just Wanna Be Your Girl」をサンプリング。

アルバム全体で、DJ U-Neekがプロデュース。
See you at the crossroads, so you won’t be lonely.


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です