Da Bush Babees / GRAVITY (1996)

Da Bush Babees / GRAVITY (1996)

JamaicaとTrinidad出身、Brooklynで結成された3人組、Da Bush Babeesの2ndアルバム。もともとNative Tonguesにも参加したりしていて、1stアルバムではATCQのAliやSalaam Remiがプロデュースに参加していた。このアルバムでは、The Ummah、De La SoulのPosdnous、Mos Def、Rahzel、メンバーのMr. Manがプロデュース。

Da Bush Babees / GRAVITY (1996)

01. Intro featuring Mos Def
02. Gravity
03. Wax
04. The Beat Down featuring Rahzel
05. Maybe
06. 3 MCs featuring Q-Tip
07. S.O.S. featuring Mos Def
08. God Complex
09. The Ruler
10. The Ninth Presentation
11. The Love Song featuring Mos Def
12. Rock Boots (Interlude)
13. In Meh Dreams featuring Muntcho Leo
14. Melting Plastic
15. Outro (Interlude)

タイトル曲「Gravity」はThe Ummahサウンド。女性コーラスとragamaffinなflowをいい雰囲気にまとめてオシャレに仕上がってます。

「The Beat Down」はinterlude的にRahzelのヒューマンビートボックス炸裂。「3 MCs」はレゲエ・サウンドやQ-Tipのフロウがいい感じに混じりあっています。シングル曲「The Love Song」と「S.O.S.」はMos Defがプロデュースと客演で参加していますが、Mos DefってまだTalib Kweliとの「Mos Def and Talib Kweli Are Black Star」やソロアルバムを出す前だったんじゃないかな。

「In Meh Dreams」は、ゴリゴリのダンスホール・レゲエです。

ラガマフィン・フロウがスパイスになっている彼らのスムーズで、シンプルだけれどオシャレな音は、今聞いても飽きない。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です