Onyx / BACDAFUCUP (1993)

Onyx / BACDAFUCUP (1993)

出てきた時に坊主ばっかりでびっくりした!
Jam Master Jayに見いだされた、NYはクイーンズ出身のFredro Starr、Suavé、Big DS、Sticky Fingazからなるヒップホップ・グループOnyxのデビュー・アルバム。Fredro Starrのしゃがれ声が癖になります。

Onyx / BACDAFUCUP (1993)

01. Bacdafucup
02. Bichasniguz
03. Throw Ya Gunz
04. Here ‘N’ Now
05. Bust Dat Ass
06. Atak of da Bal-Hedz
07. Da Mad Face Invasion
08. Blac Vagina Finda
09. Da Bounca Nigga
10. Nigga Bridges
11. Onyx Is Here
12. Slam
13. Stik ‘N’ Muve
14. Bichasbootleguz
15. Shifftee
16. Phat (‘N’ All Dat)
17. Da Nex Niguz
18. Getdafucout

Jam Master Jay、Chyskillz、Kool Teeがプロデュース。
この時期の特徴の重いベースのビート。もう最近では「SLAM」も知らない人が多いのかな?「すら~~~っっむ!だっだ~ら、だっだ~ら」と、ヒップホップ・アンセムの一つになった曲でした。力の限り叫んでらっしゃいます。このアルバム全部聴いたあと、頭の血管が1本ぐらい切れてるかもしれませんよ。

アルバム・カバーのFredro、どこ見てるんでしょうか?なんでもSticky Fingazが、靴の下からメンバーを見上げてるように撮りたかったようでアクリル樹脂の上に立って撮影しているそうな。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です