Panther - The Original Motion Picture Soundtrack (1995)

Panther – The Original Motion Picture Soundtrack (1995)

映画「PANTHER 邦題: パンサー (1995)」のサウンドトラック。かなり豪華です!

実力派アーティスト達による1960~1970年代のカヴァーや、1990年代を代表するアーティストのコラボレーションが聴ける曲など、盛りだくさん。

Panther - The Original Motion Picture Soundtrack (1995)

  1. Freedom – Theme from Panther (The Black Bag Mix) / Various Artists
  2. Express Yourself / Joe
  3. We’ll Meet Again / Blackstreet
  4. Black People / Funkadelic feat. George Clinton and Belita Woods
  5. Let’s Straighten It Out / Monica and Usher
  6. The Points / Various Artists
  7. Slick Partner / Bobby Brown
  8. Stand (You Got To) / Aaron Hall
  9. The World Is a Ghetto / Da Lench Mob
  10. If I Were Your Woman / Shanice feat. Female
  11. We Shall Not Be Moved / The Sounds of Blackness feat. Black Sheep
  12. A Natural Woman (You Make Me Feel Like) / Female
  13. Freedom – Theme from Panther (Dallas’ Dirty Half Dozen Mix) / Various Artists
  14. Head Nod / Hodge
  15. Stand! / Tony Toni Toné
  16. Don’t Give Me No Broccoli and Tell Me It’s Greens (What Happened to Our Rhythm) / The Last Poets
  17. Star Spangled Banner / Brian McKnight and The Boys Choir of Harlem
  18. The Ultimate Sacrifice / Composed by Stanley Clarke

冒頭の「Freedom – Theme from Panther」から、パワフル。
この曲は、R&B女性シンガーのJoiの同タイトル曲がオリジナル。1994年リリースした彼女のデビュー・アルバム「The Pendulum Vibe」に入っている、黒人の歴史をけん引してきた女性たちへのトリビュート曲。ソングライティングをJoiとDallas Austin、プロデュースをDallas AustinとDiamond Dが担当しています。

サントラもオリジナル同様のプロデューサー陣で、原曲をベースに90年代を代表する黒人女性アーティスト達がコラボレーション。ヴォーカル・アレンジはAngie Stone。エレキ・ベースにはMe’Shell Ndegéocelloの名前が。参加アーティストは、Aaliyah、Felicia Adams、May May Ali、MC Lyte、Amel Larrieux、Az-Iz、Blackgirl、Mary J. Blige、Tanya Blount、Brownstone、Casserine、Changing Faces、Tyler Collins、N’Dea Davenport、Da 5 Footaz、E.V.E.、Emage、En Vogue、Eshe (Arrested Development)、For Real、Penny Ford、Lalah Hathaway、Jade、Laurneá、Jazzyfatnastees、Queen Latifah、Billy Lawrence、Joi、Brigette McWilliams、Milira、Miss Jones、Cindy Mizelle、Monica、Me’Shell NdegéOcello、Natasha、Nefertiti、Patra、Pebbles、Pure Soul、Raja-Nee、Brenda Russell、SWV、Salt-N-Pepa、Chantay Savage、Sonja Marie、Tracie Spencer、Sweet Sable、TLC、Terri & Monica、Vybe、Crystal Waters、Caron Wheeler、Karyn White、Vanessa Williams、Xscape、Y?N-Vee、Zhané。

「Freedom (Dirty Dozen remix)」は、黒人女性ラッパーによるrap version。Salt-N-Pepa、Queen Latifah、Left Eye (TLC)、Yo Yo、MC Lyte、Da 5 Footaz、Patra、Me’Shell Ndegéocelloが参加していて、Stand-tallなfemale powerを感じます。

黒人男性ラッパー達のコラボ曲「The Points」は、Easy Mo Beeがプロデュース。The Notorious B.I.G.、Coolio、Doodlebug (Digable Planets)、Big Mike、Buckshot、Redman、Ill Al Skratch、Rock (Heltah Skeltah)、Bone Thugs-n-Harmony、Busta Rhymes、Menace Clan、Jamalが参加。

Roger TroutmanのMore Bounce to the Ounce」をサンプリングした「Black People」は、この時代っぽいfunkness。FunkadelicにGeorge ClintonとBelita Woodsですから、当然のfunkですね。

「Let’s Straighten It Out」は、オリジナルは1974年リリーのブルース・シンガー、Latimoreの曲。サントラではR&B向きにアレンジされていて、MonicaとUsherの若くてフレッシュな歌声が聴ける。Angie StoneとCaron Wheelerもヴォーカルで参加。

「Slick Partner」はJermaine DupriとBobby Brown自身が書いて、Jermaine Dupriがプロデュース。妖しさ漂うリズムに、Bobbyらしいヴォーカルが乗っています。

Ann Nesbyがリードのパートが響く「We Shall Not Be Moved」。
もともと「I (or We) Shall Not Be Moved」は、奴隷制度色濃い19世紀頃に黒人達が綿花畑で歌っていたもの。この映画が描くブラックナショナリズム高まるCivil Rights Movement時代にも、よく歌われていたようです。ゴスペル調からhiphopへ流れて交わるサウンドとヴォーカルが力強い。

女性ヴォーカルグループFemaleの「Natural Woman」は、Aretha Franklinの「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」のカヴァー。彼女達の、若さを感じるハリのあるハーモニーが聴けます。

「Don’t Give Me No Broccoli and Tell Me It’s Greens (What Happened to Our Rhythm)」は、ちょうど映画が描いているブラックナショナリズム全盛期に結成されたThe Last Poetsのfunkyな曲。

「Star Spangled Banner」は、言わずと知れたアメリカ国歌。Guns and Rosesのギタリスト、Slashによるギターソロも堪能できます。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です