Kinky Boots (2005) 邦題:キンキーブーツ

Kinky Boots 邦題:キンキーブーツ (2005)

Directed by Julian Jarrold
Written by Geoff Deane & Tim Firth
Cast: Joel Edgerton, Chiwetel Ejiofor, Sarah-Jane Potts, Nick Frost, Jemima Rooper

Kinky Boots 邦題:キンキーブーツ (2005)

イギリスの田舎町の代々続いている紳士靴メーカーが、経営不振から立ち直ろうとどう取り組んでいったかという、実在の話を元にした映画。「12 Years a Slave (2013) 邦題:それでも夜は明ける」のChiwetel Ejioforが主人公のドラァグクイーン、Lolaを熱演。

この立ち直り方が突拍子もないアイデアだった。伝統を重んじるイギリスで、このアイデアを実行に移すのは、かなり勇気ある行動だったと思う。そのアイデアというのが、「ドラァグクイーンの靴をつくる」というもの。

どうやってそのアイデアにたどり着いたのか、それを実行していったのかは是非映画で観てもらいたい。映画自体は大変シンプルで、よくある「成功を描いた、事実に基づくストーリー」なのかもしれないけど(ってもこれが実際起こった出来事ってのはほんとすごいことやねんけど)、ドラァグクイーンであるLolaの心の葛藤を焦点にあてて観てみると、また違った感動となる。「黒人である」ということはあまり焦点に置かれていないのは、土地柄なのかしら? 性別のほうが、大きな問題だからかな。

私、おネエ系の方々にかなりウケがいい。オカマバーなどで頑張ってる人達としか話したことはないけど、最初はぱーっとみんなで楽しくやってるんだけど、何故か私、彼女ら(彼ら?)と本音トークすることが多くて。彼女達(彼ら?)の過去はもはや「思い出」であり、今は結構楽しく過ごしてたりするのね。でも、本音が見え隠れしてくると・・・複雑な思いもいまだにあるって人も多いみたい。「でもさ~、オカマなんだから、仕方ないわよねェ~」なんて、明るいトーンだけど自分に言い聞かせるように言う彼女達は、強い。「だって~、強くないとやってらんないわよぉ~」って返ってくるやろけど。

Lolaの姿が彼女たちと被って、「どうしたのよ、ちょっと。話聞かせなさいよぉ~」なんて声かけたくなる。そして、「まぁ、あたしも同じようなものよ。でもあんた達には女独特のヒスがでないだろうから、うらやましいわ。女も楽じゃないわよ。」って言いながら呑みたいね。

・・・ってか、どうして彼女らと話すときって、私、関西弁じゃなくなるんやろか?
強さをもらえる映画なので、本当、もう10回くらい観たかも。何度か観るともう、初めのシーンから泣けちゃう。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です