JACKIE BROWN 邦題:ジャッキー・ブラウン (1997)

JACKIE BROWN 邦題:ジャッキー・ブラウン (1997)

Directed and written by Quentin Tarantino
Starring:Pam Grier, Robert Forster, Samuel L. Jackson, Bridget Fonda, Michael Keaton, Robert De Niro, Chris Tucker・・・

大人の恋でお開きとなるこの映画。
果たして、電話を置いた彼(Cherry)は、Jackieの後を追ったんでしょうか?

JACKIE BROWN 邦題:ジャッキー・ブラウン (1997)

いやぁ、主人公Jackieを演じるおパム姐さん(Pam Grier)、かっこいいです!
Original Gangstas」を見たときは「どうしたことか?」と思ったんやけど、この映画ではおパム姐さん魅力を爆発しています。オーラだしまくりです。「Original Gangstas」の中の姐さんは・・・あれは役作りだったんでしょうか、すごくおばさんに見えたから。

主人公のJackie Brownってオンナが、ニクい!かっこいい!

頭の中を素早く回転させて、自分のストーリーにもっていく。強くて媚びない女。でもその強い女ももういい年になって、自分の将来を不安に感じて・・・って姿もまたかっこいい!そう、賢い女は行き当たりばったりじゃないのよ。

年取ったらスリルとお金よりも、安堵が欲しくなるもの。いくらJackie Brownが全てやりこなせるからといって、70歳なってもどぎまぎしながら、バッグのお金を入れ替えて、小細工してお金稼いでるのはスマートじゃない。海辺の家で海みながら、ゆっくりくつろいでいてほしい。

Max Cherry役のRobert Forster。彼の役もまたスマートなんですよ。Jackieに恋に落ちるところはおちゃめですが。名前もMax Cherryって!(笑)。そのMaxが、思わず「The Delfonics」のカセットテープをそっと買うところ、さすがタランティーノ監督!そんなおちゃめな彼は、スマートにJackieをバックアップする。

Samuel L. Jacksonも「らしい」味出しています。しかし、Robert De Niroがあのだらしない、出来損ないな役してくれるなんて!ってのも驚き。そしてChris Tuckerがちょろっと出ていますが、すぐ殺されてかわいそう。

Quentin Tarantino監督の魅力も満載なんじゃないでしょうか? フィッティング・ルームでお金を入れ替える場面をそれぞれの人物の時間軸で見せてるところは、さすが。臨場感が増していいですね。そして上手にカンゴールの帽子をJackieに被らせるところなど、「black」的アイテムをところどころ使っているところも、魅せてくれます。

そしてサントラなんて、masterpieceです。映画中のシーン(会話)が間に入ってるのが、うれしい。あまりにも有名どころのクラッシック曲、満載です。 Bobby Womack 「Across 110th Street」、Randy Crawford 「Street Life」や、The Delfonics「Didn’t I Blow Your Mind This Time」, Minnie Riperton 「Inside My Love」、いいですね。

懐かしく感じるのが、全盛期のFoxy Brownの「(Holy Matrimony) Letter To The Firm」。私の青春でした。Foxy Borwnはパンチあるflowだったよね。

「Long Time Woman」では、おパム姐さんの歌声が聴けます。確かこれ、彼女が10代の頃に録音した曲じゃなかったでしょうか。

映画、サントラとも、是非体験しておいていただきたい映画です。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。