Temmabashi 天満橋

亡き父へ、母の「ありがとう。おつかれさまでした」

今朝6:30 a.m. またジョギングを始めた。もうずいぶん太陽高いね。
6 in the morning, I started jogging around again. the sun was already high.

父が亡くなってから約半年。
認知症のママが、父の死を理解できているのかどうか、知ることはできない。もうママが理解できる会話も限られてきている。
It has been around half a year since my father was deceased.
We never know my mom understands my dad’s death because of dementia. There is only a few things and words my mom can share with us in our conversation.

でも、不思議なもので、誰のお通夜か理解できてないのに、棺のなかの父の姿を見たとき最後に「ありがとう。おつかれさまでした」といったママ。それ以降、「おとうさんどこ?」と聞くことは全くない。父の死をママなりに解釈しているのかな。

最近ようやく、心の整理がついてきたかな。
体重もまた元に戻ってきてしまったし・・・また走ることにした。

Curiously, mom said “thank you and rest in peace” to my dad laying in a casket even she didn’t understand whose funeral was. From that day forward, she never ask us where dad is. I’m wondering whether she somewhat interprets her husband’s death.

I’m gradually getting over all this circumstances.
My weight is getting back the same as before or more… so, I started jogging again.

<iframe style=”width:120px;height:240px;” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” frameborder=”0″ src=”https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=naokoish-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS2=1&detail=1&asins=4905130352&linkId=1a53a89ff37a709e421383225663c662&bc1=ffffff&amp;lt1=_blank&fc1=333333&lc1=e07baa&bg1=ffffff&f=ifr”>
</iframe>


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です