Myron / DESTINY (1998)

Myron / DESTINY (1998)

new classic soul好きにはビビッとくる一枚。D’Angeloの1st系、Rahsaan Patterson系(声が)。 でも彼らよりアクは感じなくって、R&B色のほうが強いです。

Myron / DESTINY (1998)

01. We Can Get Down
02. So Fly
03. Destiny
04. Come Around
05. See You Cry
06. Damn Much
07. Heavenly Girl
08. Give My All to You
09. Hit It
10. East Side Girl
11. You’re My Everything
12. Angel
13. Destiny (Remix)

ノレるやつもいいですが、「So Damn Much」ってtelephon sexネタ的なmoodyなんも雰囲気だしてくれます。これ聴いたらあなたもhoneyを誘いたくなるはず。女性は誘われたくなるはず。

ほとんどの曲がself produce。exective producerはHiram Hicksなんで、この頃の流行にも乗っててハズレなしといったところでしょうか。でも「East Side Girl」でプロデュースしてるJon JohnってあのreggaeのJon Johnなのかな? bassがそんな感じかな。Island Recordsからでてるからそうなんかな?? LoveLoveなひとときに聴きたい1枚。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です