はっちゃけてるジャケットだけどStand tallな90’s women – TLCのデビューアルバム

Ooooooohhh... On the TLC TipALL ENTRIES | すべて
ALL ENTRIES | すべてMUSIC | 音楽

1992年発売、ガールズ3人グループ TLCのデビューアルバム「Ooooooohhh… On the TLC Tip」

NAOKO
NAOKO

このアルバム発売当時、大学生の私。1993年頃からバギーパンツ履くようになりましたわよ。

留学から帰ってきて、1994年の冬に1か月遊びにアメリカに行ったときには、セカンド・アルバムの「CrazySexyCool」が発売された後で、MTVでは「Creep」がヘビーローテーションしてました。

それでも、私にとってのTLCはこのデビュー・アルバム。ガールズグループや女性ヴォーカル、女性ラッパーが出てきだした90年前半…デビュー当時から、彼女らの個性は唯一無二だったな~って、今でも思う。

TLCが歌う曲は、このデビュー・アルバムからすでに、フェミニズムや女性の自立、女性に対するステレオタイプの破壊、safe sex、自己肯定などのテーマを扱っていたりする。彼女らのstand tall(堂々とした)姿がまた、カッコよく映った。私も1973年生まれだから彼女達と年が近いし。

ジャンル分けすると、R&Bともいえない、Hip Hopでもない、Danceミュージックにも分けられへんよなぁ。T-Bozのハスキーボイス、Chilliの意外とオトナなヴォーカル、そして今は亡きLeft-Eyeの流れるラップスタイル…3人の個性が集まって、「彼女ららしさ」で確立されたスタイル。

Ooooooohhh... On the TLC Tip
  1. Intro
  2. Ain’t 2 Proud 2 Beg
    シングルカット第一弾の曲。「オンナも自分のオトコにヤリたい!って言って何が悪いの?アタシがアイツのものなら、アイツもアタシのものなんだし!」と女性が受け身である必要ないと歌ってる曲。私のスキなラインは、”2 inches or a yard rock hard or if it’s saggin’, (I ain’t too proud to beg)”!笑 3人がそれぞれ個性を活かしたパートを披露。Average White Bandの「School Boy Crush」などをサンプルしたメロディーが3人の各パートに合わせた曲調になっていて見事。強い女を感じます。
  3. Shock Dat Monkey
  4. Intermission I (interlude)
  5. Hat 2 da Back
    第4弾シングル。「私はわたし。キャップを逆向きに被って、バギーパンツを腰履きするのが好きな女の子(何が悪いねん!)」「なんやねん、女やからいうて野球帽被ったらあかんいうんか、ふざけんな」言うてはります。
  6. Das da Way We Like ‘Em
    Marley MarlプロデュースでDallas Austinプロデュース曲とはまた違ったテイスト。スクラッチやキャッチーなフックでいい音色の80s後半テイストも残しつつ、Left-Eye、T-Boz、Chilliの順に「私はこうなの!」とバキバキのラップで聴かせてくれます。
  7. What About Your Friends
  8. His Story
    ドラマテックなNew Jack Swing的曲調でカッコいい。歌詞にもでてくる名前「Tawana Brawley」は、1987年に15歳で白人の男6人に4日間監禁されて、6人の男にレイプにあったという女の子。大陪審 (grand jury)でTawanaが嘘をついているなどとされ、男たちは不起訴となった模様。この歌では「いつもみんな信じるのは”his story”、アタシの話は時間の無駄ってさ」と歌ってる。
  9. Intermission II (interlude)
  10. Bad by Myself
  11. Somethin’ You Wanna Know
  12. Baby-Baby-Baby
  13. This Is How It Should Be Done
  14. Depend on Myself
  15. Conclusion
NAOKO
NAOKO

Tawana Brawley事件の論争は、関係者が亡くなっていく中、今もまだ続いてるみたいやね。

Alton H. Maddox Jr., 77, Lawyer in Tawana Brawley Rape Hoax, Dies
Thecaseinflamedracialtensions,withMr.MaddoxlatercallingNewYork“theMississippiofthe’90s.”Afterthefraudwasrevealed,hewasunrepentant.

ほとんどの曲をDallas Austinがプロデュース。その他には、Babyface、L.A. Reid、Jermaine DupriやMarley Marlなど。さすがうまいことまとめた曲ばかりです。

シングル曲(トラックリストの2、5、7、12)を全部集めたPVを持っていて(もちろんVHS)、擦り切れるほど見たなぁ。キレッキレのダンスで、かっこよかった。今でもあるけど、再生できるんやろか?一応うちにデッキあるねんけど、使ってへんので怖くていれられへんのよ。

2002年にLeft-Eyeが事故で亡くなってからも、TLCは解散してないんよね。難病(鎌状赤血球性疾患)を抱え、脳腫瘍や破産などを乗り越えてきたT-Bozと、相変わらず筋肉ムキムキで踊りまくるChilliは折を見て活動を続けてる。今年2023年のライブがYouTubeであったので見たんだけれど、もうなんか、感動だね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました