In the Lyrics: Glitter Years - The Bangles

懐かしの The Bangles, Glitter Years …

お風呂に使っていたら、ふと昔に聞いてた曲を思いだして口ずさんでいることが多い私。幼稚園~小学生の頃くらいに見てたアニメソングが多かったりするけど。「じゃりン子チエ」の終わりの歌とかをソウルバージョンで歌ったり。

今日は私が高校2年の頃だったか、1988年にリリースされたThe Banglesの3枚目のアルバム「Everything」に入っている「Glitter Years」のバースだった。

In the Lyrics: Glitter Years - The Bangles

The Bangles / Glitter Years

Writers: Michael Steele, David White
日本語意訳: NAOKO

I don’t really know how we survived the glitter years.
What did we do it all for?
Do you remember the glitter years?

ギラギラしてたあの頃、どうやって生き抜いてたっけ。
何のためにやってたんだろうね。
あの頃のこと、覚えてる?

就職したすぐくらいかな、携帯電話が流通しだしたのは。私が初めて自分で買ったPCはiMacのタンジェリンで、世紀末の1999年。繋いだらピーヒャラヒャラ♪となるアナログ回線でインターネットの世界に飛び込んだ。今は誰もがスマホ片手に、思い立ったらコミュニケーションできる時代なんだもんね。

アナログが当たり前だったあの頃。分厚い和英・英和辞書と教科書をリュックに入れて通ってた大学時代(肩ひもが切れるくらいの重さ!)。

「あんなことあの時にどうやってやってたんだろう?」なんて思い出すことが多いのよ。若いからできたのか、「私、無敵かも」なんて思いながら肩ひじ張った人間だからできたのか…。パスポートもって家飛び出して新幹線にのって東京へ向かった…けど、相手は携帯持ってなかったぞ?どうやって連絡とって、東京で落ち合えたんだ?

高校に入って部活もあるのに、近所の喫茶店の「アルバイト募集」の張り紙見て、「土日にバイトするわ」と突然決めた日。親からお小遣いもらうのがイヤだった。平日の部活ない日は「ジャスコ(現在のイオン)」の日用品売り場でも。バイト代は、学食代と残りにほとんどはCDレンタル&カセットテープに。

高校生1年の文化祭、クラスは確かディスコしたけど、ミラーボールどこから手に入れてたんだろう?確か曲は私持って行ったよな。あの頃は「I should be so Lucky」なユーロビート全盛期。教室いっぱいに知らない3年生も来たりして、盛り上がってた。

高校2年の時はカラオケ店したっけ。みんなが曲選べるように、教室の全面いっぱいの紙に油性ペン(マッキー)で、1曲ずつタイトル書いたよなぁ。100曲くらいは書いてたんじゃない?

25~6歳の頃、突然マイアミでその頃の相方と落ち合うことになり、出発の2週間前くらいだったかな?航空券押さえてもらったはいいけど(インターネットなんてないからね)、家に帰ってパスポートみたら期限切れてて…。キャンセル代に6万円程払ったんだっけ。

でも、その頃に色々失敗や後悔することも含めて、手探りで思い切ったことしてきたから、今があると思う。

懐かしの The Bangles, Glitter Years
写真はWSUへ留学中 in 1994。太陽と緑が気持ちいい図書館前の芝生の上で、帰国前の期末試験の勉強中の私。誰かが隠し撮りしてて、私にくれたんだけど。誰からもらったんだったっけ。

You better hang on to yourself.

The Bangles / EVERYTHING (1988)

さて、セカンドシングルの「Eternal Frame」が流行った、このThe Banglesのアルバム「Everything」はポップス・ロックど真ん中。Suzanna Hoffsのハスキーだけれどどこか甘く切ない歌声、VickiとDebbiのPeterson姉妹のパワフルだけど華やかさのある歌声、「Glitter Years」でリードをとってるMichael Steeleの4人で、リードボーカルが曲ごとで変わるから、表情豊か。

  1. In Your Room
  2. Complicated Girl
  3. Bell Jar
  4. Something To Believe In
  5. Eternal Flame
  6. Be With You
  7. Glitter Years
  8. I’ll Set You Free
  9. Watching the Sky
  10. Some Dreams Come True
  11. Make a Play For Her Now
  12. Waiting For You
  13. Crash and Burn

Debbiが「Be With You」をドラム叩きながら歌ってるの、かっこよかったなぁ。この頃は日本でもガールズ・バンドが流行ってたんだよね。

学生の頃はバンド組みたい!と思っていたけど、結局、機会がなく。それから社会人になって、友人の結婚式でMariah Careyの「Hero」を歌ったのが縁で、バンドのヴォーカルをすることになったという。何度か、ワインバーでライブしたのよね。バンドのメンバーがすごく上手くて、私を歌に導いてくれてた。その時も即興で、ギターとヴォーカルだけで、じゃりン子チエのジャズ・バージョンやったりしたよな。

思い出は尽きない。思い出せる時に、思い出して味わっておこう。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。