95年頃に全盛した数々の女性R&Bグループの中では「王道」ではなかったけれど、その時代にリリースされたオトナな4人組のコーラスグループ、Vybeのアルバム。

VYBE / Vybe (1995)

01. Take It to the Front
02. Warm Summer Daze
03. I Can’t Fight Anymore
04. I Like It
05. I Don’t Like It (Interlude)
06. All My Love
07. Slow and Easy
08. If I Cry
09. Knocks Me off My Feet
10. Tell Me
11. Mama’s on the Phone (Interlude)
12. Funky Low Down Feeling
13. Love Is All We Need
14. Stay

このアルバムを聴くと、当時のLAを思い出します。西海岸のサマーブリーズ、夏の終わりのせつなさを感じる曲調が多いアルバムです。

「Warm Summer Daze」では、同じ「Private Number」をサンプルして使ってたRappin’ 4-Tayの「Player’s Club」を思い出す。どちらも哀愁漂うナンバー。

「All My Love」など4曲がSomethin’ For The Peopleのプロデュースですが、中でも「Love Is All We Need」がその色が強いですね。

彼女らのハーモニーには光るものがあると思いますが、この後さっぱり名前を聞いていません。今はどうしてるんだろう。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です