Solo / 4 BRUTHAS & A BASS (1998)

Solo / 4 BRUTHAS & A BASS (1998)

Soloの2ndアルバム。プロデューサー陣にRaphael Saadiq, Gerald Levertなどもお目見え。デビューアルバム同様、Jimmy Jam and Terry LewisのPerspective Recordsから発売されてはいるけれど、Jimmy JamもTerry Lewisもアルバムのプロデュースには関わってないようです。

Solo / 4 BRUTHAS & A BASS (1998)

  1. Touch Me
  2. Nights Like This
  3. Luv-All-Day
  4. Free-Stylin All da Woman (Interlude)
  5. Sumthin Kinda Special
  6. Let Me See the Sun
  7. Love You Down
  8. Make Me Know It
  9. Crazy Bout U
  10. Get Off!
  11. I Hear Love Calling Me (Interlude)
  12. Till Death Do Us Part featuring Brownstone
  13. What Would This World Be
  14. Amen (Interlude)

爽やかなオトナのアルバム。デビュー・アルバム「Solo / SOLO (1995)」よりも流行りを気にした音づくりになっちゃった感もあるけども、彼らのコーラスのハーモニーは、洗練されていて重苦しくなく美しい。1曲目の「Touch Me」から彼らの路線が聴けて、やられます。「Till Death Do Us Part」はBrownstoneが曲に彩りを与えてます。彼ららしい爽やかなバラードですね。ただし、どっちかってたら1stのほうが好みかな。



RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です