BARBERSHOP (2002) 邦題:バーバーショップ

BARBERSHOP 邦題:バーバーショップ (2002)

Directed by Tim Story, Written by Mark Brown
Starring: Ice Cube, Cedric the Entertainer, Anthony Anderson, Sean Patrick Thomas, Eve, Michael Ealy, Keith David

BARBERSHOP 邦題:バーバーショップ (2002)

コメディに収まらない、1日の人間模様を描いたドラマ。色んなものが凝縮されてる。日本にも「銭湯モノ」の映画、あったよね。あんな感じ。

舞台はシカゴ。私自身はシカゴには行ったことはないけれど、黒人街にあるバーバー・ショップはどこでも大抵こんな感じで、用もない人まで立ち寄って「何時までおるねん、こいつ?」ってな具合(しかも昼間にね!笑)で、あれやこれやと好き放題喋ってたりするんでしょう。そんな毎日の中で、ちょっとした事件が起こっていたり知らん間に巻き添え食らってたりするんだろうね。

笑いあり、ほろ苦い思いする場面ありで退屈しません。
しかも、笑いに皮肉が垣間見れたり。「あ~、女ってヒステリックなのね~」とか、「悪いことしようと思ったら、なんかタイミングはずしたりするよな~」とか。若者vs.古株、男vs.女、Black vs. White、Black vs. Black、女 vs. 女、男 vs. 男。人間って面白い、ってつくづく思う。

古株のEddieがRosa Parksのことを語るところは論議を呼んだところ。Eddieが言うのも一利あると思うよ。Rosa Parksには敬意をはらうけれど、彼女が特別ということでもないんだろうな~と思います。実際、あの時期にRosaと同じ行動を起こして警察に捕まっちゃったという人はいるのだろうし。Eddieは、「F**k Jessie Jackson」とも言っていたね。当時のバーバー・ショップでは、こういった議論も交わしてたりしたのだろう。

そのEddieがCalvin (Ice Cube)に、Calvinの親父の姿を語る場面がイイ。真面目な人ほど馬鹿をみる、利益ばかり追いかけてしまう風潮、カッコばっかり上辺だけ気にする風潮、イヤだよね。「心豊か」に生きたいものです。

笑いだけじゃなく色んなことを感じさせられる映画なので、是非見て下さい。店員唯一の白人がどう描かれてるか。彼と、ATM盗まれるオーナーのインド人・・・あれは黒人への戒めでもあるような気がする。黒人視点からしたら「よそ者、物まね」かもしれんが、離れて見てみればそれが「単なるマネではなく、次第に実力をつけていくヤツもいるんだから、理解しろ」って言っているようでもある。

DVDではTeri (Eve)のApple Juiceを飲んだのは、実はEddieだったというのが描かれているんだって?その場面観たいなぁ!


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です