Black Eyed Peas / BEHIND THE FRONT (1998)

Black Eyed Peas / BEHIND THE FRONT (1998)

Black Eyed Peas デビュー・アルバム、「BEHIND THE FRONT」。この頃はまだ、will.i.amとapl.de.apとTabooの3人体制だった。

  1. Fallin’ Up featuring Sierra Swan & Planet Swan
  2. Clap Your Hands featuring Dawn Beckman
  3. Joints & Jam featuring Ingrid Dupree
  4. Way You Make Me Feel featuring Kim Hill
  5. Movement
  6. Karma featuring Einstein Brown
  7. Be Free featuring Kim Hill
  8. Say Goodbye featuring Dawn Beckman
  9. Duet featuring Redfoo
  10. Communication
  11. What It Is featuring Kim Hill
  12. Que Dices?
  13. A8
  14. Love Won’t Wait featuring Macy Gray
  15. Head Bobs
  16. Positivity

jazzyでもあるけど、結構hipなんで聴きやすい。いかにも楽しそうにやってるのがいいですね。生音沢山つかってるし。同じ生音勝負のThe Rootsほど重たくない。

「Way U Make Me Feel」、「Be Free」、「What It Is」でadditional vo.やってるKim Hillのvibeもまたよい!Kimはもともとメンバーだったのかな。

「Joints & Jam」は、映画「BULWORTH 邦題:ブルワース (1998)」のサントラに入っています。

歌もの好きだけどrapものは・・・って人でもいける1枚です。「Love won’t wait」では「Do Something」(Outkastの「Git up~」使いのアレ)で有名になったMacy Grayも参加してます。でも、この曲はMacy Grayの色のほうが強いような・・・。

彼らはFergie加入後の3枚目からちょっと路線が変わった・・・というか、求めているものが変わったんだろう・・好き嫌いが分かれるところですが。きっとWill.i.amが新しいもの好きというか、奇抜というか、時代に退屈しだしたんでしょうね。Fergieは好きだけれど、2枚目までの彼らのほうが私好みです。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。