Da Brat / FUNKDAFIED (1994)

Da Brat / FUNKDAFIED (1994)

初めて女性ラッパーでプラチナム・セールスを達成した、Da Bratのデビュー・アルバム「FUNKDAFIED」。MTVの番組、「Yo! MTV Raps」のrap contestで賞を勝ち取り、そこで出会ったKriss Krossが彼女のことをJermaine Dupriに紹介したという。

01. Da Sh*t Ya Can’t Fuc Wit
02. Fa All Y’all featuring Kandi
03. Fire It Up
04. Funkdafied featuring Jermaine Dupri
05. May Da Funk Be With Ya featuring LaTocha Scott
06. Ain’t No Thang featuring Y-Tee
07. Come & Get Some featuring Mac Daddy of Kris Kross
08. Mind Blowin’
09. Give It 2 You

FUNKにのせて繰り広げられる彼女のflowは今じゃお馴染みのrhymeが多かったりするけど、このアルバムでは新鮮でしたね。

Isley Brothersの「Between the Sheet」をfunk色強くサンプリングした1stシングル、「Funkdafied」。Dupriの完璧なバックアップが光っています。

2ndシングル「Fa All Y’all」は、Xscapeのメンバー、Kandiをfeaturing。The Cosby Showをはじめ、映画「College Road Trip 邦題:ロードトリップ(2008)」など子役からactressしていたRaven-Symonéもバッキング・ヴォーカルで参加しているらしい。

Mary Jane Girlsの「All Night Long」使いの「Give It 2 You」は、是非PVもチェックしてほしい。当時を席巻した様々なアーティストがちらっと登場するから!しかもこのPVのBrat、かわいいです。

Jermaine Dupriのプロデュースもこの頃が一番脂がのっていました。音が馴染みあるモノが多いから、聴きやすいよね。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です