Wu-Tang Clan / Enter the Wu-Tang: 36 Chambers (1993)

Wu-Tang Clan / Enter the Wu-Tang: 36 Chambers (1993)

jazzやsoulのサンプリングや、西海岸のギャングスタラップ、アフリカ回帰なサウンドやリリックが流行ってた90年代初頭、不協和音とざらついたサウンドと骨太なフロウ。なんともカテゴライズしずらい「Wu-Tang色」で出てきたWu-Tang Clanの1stアルバム。おどろおどろしい音と気狂いじみたテンション。

Enter the Wu-Tang: 36 Chambers

01. Bring da Ruckus
02. Shame on a Nigga
03. Clan in da Front
04. Wu-Tang: 7th Chamber
05. Can It Be All So Simple
06. Da Mystery of Chessboxin’
07. Wu-Tang Clan Ain’t Nuthing Ta F’ Wit
08. C.R.E.A.M.
09. Method Man
10. Protect Ya Neck
11. Tearz
12. Wu-Tang: 7th Chamber (Part II)

個々の色よりも「Wu」として成り立つ彼らの代表作。「C.R.E.A.M.」やら「Wu-Tang Clan Ain’t Nuthin ta f’ wit」、最高に濃い!


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です