GET ON THE BUS (1996) 邦題:ゲット・オン・ザ・バス

GET ON THE BUS ゲット・オン・ザ・バス (1996)

Director: Spike Lee
Starring: Ossie Davis, Richard Belzer, Isaiah Washington, Bernie Mac, Thomas Jefferson Byrd…

そういえば、この映画は単館で上映されてた最後の日に駆け込みで観に行ったんだよね。お客さん、10人も居なかったような・・・。1996年当時はまだ日本でブラック・カルチャーに興味をもっている人が少なかっただろうね。しかも東京ではまだしも、大阪は単館映画自体が少ないし、マイナー映画を見に行く人口も少なかったもんね。

目的は1995年10月16日、Nation of Islamの指導者のLouis Farrakhan(Malcolm暗殺に関わりがあるともいわれていたりした人だが)が先導して行われる、ワシントン広場でのMillion Man March(参加資格が全米黒人男性のみってのが「?」ですけれどね)。様々なバックグラウンドをもった12人の黒人達を乗せて、バスはワシントンDCへ向けてLAを出発。その道中の色んな人間模様を描いている映画。

でもこれはいわゆる「based on true story」の映画ではないです。バスでワシントンへいくというストーリーは、1960年代初頭に起こった、「Freedom Riders」のムーヴメントからインスパイアされたのかな。Spike Leeらしい視点だな。

結末もSpikeらしい。この結末があたしにとっては凄く、意味のあるものに思えた。Spikeはこのマーチの本当の意味と何かを訴えかけてる気がする。そもそも、このマーチの参加資格が「男性のみ」っていうことで、目的も漠然としてるような気がするのね。そこにも意味があるような。ま、ここで私がツラツラ書き連ねるより、ご自身で観て調べて、感じてみてほしいなぁと思います。

サウンドトラックは、道中のバス内での「Roll Call」から始まります。文化を感じるパートですよね。私達日本人もこれが自然にできたらなぁ・・・なんて思ったりします。サントラは新・旧入り交じった選曲。Doug E Freshの「Tonite’s The Nite」のファンキーさがいいです。他にもStevie WonderにCurtis Mayfieldなどが聴かせてくれます。

2007年11月25日 初回掲載


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です