Monica / MISS THANG (1995)

若干14歳でリリースしたMonicaのデビュー・アルバム。ジャケットのキュートな顔といったら!

いまだに彼女のアルバム中で一番好きで、引っ張り出して聴きます。自然に伸びやかに歌ってるのが目に浮かぶアルバムです。

01. Miss Thang
02. Don’t Take It Personal (Just One of Dem Days)
03. Like This and Like That featuring Mr. Malik
04. Get Down
05. With You
06. Skate
07. Angel
08. Woman in Me (Interlude)
09. Tell Me If You Still Care
10. Let’s Straighten It Out featuring Usher
11. Before You Walk out of My Life
12. Now I’m Gone
13. Why I Love You So Much
14. Never Can Say Goodbye
15. Don’t Take It Personal (Just One of Dem Days) (Remix)
16. Forever Always

「Before you walk out of My Life」は当時、LAでかかりまくってました。この曲、作ってるのがAndrea Martinで、Monicaの甘すぎない声に、シンプルでキャッチ―だけれどもポップ過ぎないAndreaらしい曲調の組み合わせが絶妙です。90年代を代表する永遠の1曲ですが、実は、この曲はToni Braxtonのアルバム「Secrets (1996)」のためのものだったそうな。

「The Boy is Mine」くらいで知った人には、このアルバムはぜひ聴いてほしい。Executive ProducerはDallas Austion。この頃、一世を風靡してました。1stシングルの「Don’t Take it Personal」もいいです。

LatimoreのカヴァーでUsherをフィーチャーした「Let’s Straighten It Out」は、映画「Panther」に使用されてサントラにも入ってます。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です