Thug Life / THUG LIFE (1994)

Thug Life / THUG LIFE: Volume 1 (1994)

1993年に故2Pacが、Big Syke、Mopreme、Macadoshis、The Rated Rと結成したグループ、Thug Lifeが1994年にリリースした最初で最後のアルバム。Thug Lifeとしてリリースできずに未発表のままの曲も沢山あるそう。

Thug Life / THUG LIFE: Volume 1 (1994)

01. Bury Me a G featuring Natasha Walker
02. Don’t Get It Twisted
03. Shit Don’t Stop featuring Y.N.V.
04. Pour Out a Little Liquor
05. Stay True
06. How Long Will They Mourn Me? featuring Nate Dogg
07. Under Pressure
08. Street Fame
09. Cradle to the Grave
10. Str8 Ballin’

ギャング・アンセム的な「Bury Me a G」は、Isley Brothersの「Living For The Love Of You」に乗せて、心地いいスピード感。また、次の「Don’t Get It Twisted」への繋げ方がかっこいいの。

The O’Jaysの「Cry Together」をサンプルした「Pour Out a Little Liquor」は、サントラの「Above The Rim」にも入っている曲で「Thug」をテーマにメロディアスで切ない雰囲気。「Stay True」は、Curtis Mayfieldの「Just Want to Be With You」をサンプルして、爽やかに「本物であれ」と謳う、私一番のお気に入り曲です。

Warren Gがプロデュースした「How Long Will They Mourn Me?」ではNate Doggも参加して、西海岸”Warren”サウンドらしい仕上がり。

「Str8 Ballin’」はEasy Mo Beeがプロデュースした、Bootsy’s Rubber Bandの「What’s a Telephone Bill?」をサンプリングして、こうライムする。

Best to live your life to the fullest
Be quick to kill the bull
Got a pistol, motherfucker, better pull it
‘Cause even when they kill me
They can never take the game from a young G
We str8 ballin’!

2Pacのこれまでのソロアルバムとはまた違った雰囲気で、彼のリリックやスタイルも、アメリカの体制への反抗心とか戦いというよりも、彼自身の内面、孤独や死に向き合っていて、熟成していくサウンドと共に、これまでとは違って「パワー」や「強さ」というよりも「ダーク」で内向的な部分も感じる。

今でもこのアルバムを聴くたびに、20代前半に色々あったあの頃の思い出と私の中の強さが蘇ります。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です