この頃のファッションが実は懐かしい SWV - Release Some Tension

この頃のファッションが懐かしい! SWV の3rd album

90年代後半。私は就職して20代後半に差し掛かろうというところ。このアルバムジャケットのような、黒パンツにヒョウ柄で街を闊歩していましたね。割とそんな方々が多い時代でしたよ。

その頃の名残りの感覚があるのか、このSWVのジャケットデザインは好きなジャケットデザインのうちの一つ。ポイントとなっているヒョウ柄、ゴールドとティファニーブルー系の色のコラボ、ロゴの配置・・・バランスがツボです。

大阪のおばちゃんだからか、ヒョウ柄のワンポイント使いとか、いまだに心くすぐるのです。

この頃のファッションが実は懐かしい SWV - Release Some Tension

SWV / Release Some Tension (1997)

  1. Someone featuring Puff Daddy
  2. Release Some Tension featuring Foxy Brown
  3. Lose My Cool featuring Redman
  4. Love Like This featuring Lil’ Ceasar
  5. Can We featuring Missy Elliott
  6. Rain
  7. Give It Up featuring Lil’ Kim
  8. Come And Get Some featuring E-40
  9. When U Cry
  10. Lose Myself
  11. Here For You
  12. Gettin’ Funky featuring Snoop Doggy Dogg

1997年リリース、SWVの3枚目のアルバム。これまでより大人でアーバンな雰囲気。1枚目、2枚目が好みな人には、このアルバムの前半は少し物足りないかもしれないのだけれど、彼女達のコーラスって、しっとりとヒップホップと合わせると割と旨味が増す気もする。

シングルカットされた「Someone」、songwriterのクレジットにAndrea MartinとKelly Priceが入っている。Andrea色が強くて私好み。Puffyの絡みもケダルイ曲調にイイ感じに合っている。

Foxy Brownのパキパキなフロウが聴けるタイトル曲「Release Some Tension」も1曲目の流れに乗ってます。

Redman兄さんの歌まで聴ける「Lose My Cool」、Lil’ Ceasar参加の「Love Like」、映画「Booty Call」に使用されているMissy色全開の「Can We」。Lil KimやE-40との相性も良し。

客演大会の後の3曲はスロー・ミッドテンポで、Cokoの伸びのあるクリアな高音と美しいTajとLeleeのコーラスでしっとり聴かせてくれます。

Snoop参加のGettin’ Funkyは、ちょっとSWV向きでない無理やりな感じが・・・。プロデューサーの手腕かな。余計なピコピコ音がなんだかここまでのアーバンでかっこよいSWVの雰囲気を最後に壊してしまっているような。

ああ、また黒パンツとヒョウ柄シャツを着こなしたくなってきた・・・が、重力に負けているおしりをどうにかしなきゃ。



RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です