A Tribe Called Quest / The Low End theory(1990)

A Tribe Called Quest / THE LOW END THEORY (1990)

ATCQの2ndアルバム、1990年リリースの「THE LOW END THEORY」。デビュー・アルバムよりもオシャレ度が増しました。ベースにより重さが増し、よりジャジー感を取り入れたアルバムになっています。Q-Tipのスムースで知的に聴こえるフロウと、Phifeのたまにコミカルでたまにシニカルなフロウの掛け合いが、楽しめる。

A Tribe Called Quest  / The Low End theory (1990)

01. Excursions
02. Buggin’ Out
03. Rap Promoter
04. Butter
05. Verses From the Abstract featuring Vinia Mojica and Ron Carter
06. Show Business featuring Diamond D, Lord Jamar and Sadat X
07. Vibes and Stuff
08. Infamous Date Rape, The
09. Check the Rhime
10. Everything Is Fair
11. Jazz (We’ve Got)
12. Skypager
13. What?
14. Scenario featuring Busta Rhymes, Charlie Brown and Dinco D

「Buggin’ Out」で勢いよくPhifeのライムから始まるのがいい。「Check the Rhime」のPVが楽しい。当時、何回彼らのPV見まくったことでしょうか。

ちょっとどんよりしてるjazzyな「Jazz (We’ve Got)」、Busta Rhymesがはじけたフロウを見せてATCQのアンセムとなった「Scenario」もよろし。「Scenario」のPVのBastaの服が、時代を感じさせてて微笑ましいので是非ご覧ください。

そして、クラッシック中のクラッシックの3rdアルバム、「A Tribe Called Quest / People’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm (1990)」へ。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。