the Lady of Rage / NECESSARY ROUGHNESS (1997)

the Lady of Rage / NECESSARY ROUGHNESS(1997)

DEATH ROWの女性組、the Lady of Rageの最初で最後のアルバム。
Doggystyle」のSnoopってところでしょうか?こてこての西海岸ギャングスタ・サウンド好きな人には、気に入ってもらえるはず。

the Lady of Rage / NECESSARY ROUGHNESS (1997)

1. Riot Intro
2. Necessary Roughness
3. Big Bad Lady
4. Sho Shot
5. No Shorts
6. Get With da Wickedness (Flow Like That) – (Remix, remix)
7. Raw Deal
8. Breakdown
9. Rough Rugged and Raw featuring Snoop Dogg, Dat Nigga Daz
10. Super Supreme
11. Some Shit
12. Microphone Pon Cok featuring Madd One
13. Get With da Wickedness (Flow Like That)
14. Confessions

ジャケットで彼女が手に握ってるのはなんなのでしょうか?誰かを刺すつもりなのでしょうか? そのパワーが感じられるアルバムではありますが。

6、8、9、10は特に好きだなぁ。
ほとんどの曲で、ラップ・デュオのtha Dogg Poundの一人であるDaz Dillingerがプロデュースしています。9はEasy Mo Bee。

意外なのが、11と12でDJ Premierがプロデュースしていること。12はまさにPrimo調です。この頃からパンチの効いた女性ラッパーが増えたかな。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です