Funky Divas by En Vogue

En Vogue / FUNKY DIVAS (1992)

これ以上の実力派のgirls group、いまだにいませんよ。Terry Ellis、Cindy Herron、Maxine Jones、Dawn Robinsonの4人組女性ヴォーカル・グループ、En Vogueの2ndアルバムです。実力派といっても、無理矢理がなったり、力んだ歌い方だったりせずに、ナチュラルに歌いあげてくれる。

En Vogue / FUNKY DIVAS (1992)

01. This Is Your Life
02. My Lovin’ (You’re Never Gonna Get It)
03. Hip Hop Lover
04. Free Your Mind
05. Desire
06. Giving Him Something He Can Feel
07. It Ain’t Over till the Fat Lady Sings
08. Give It up, Turn It Loose
09. Yesterday
10. Hooked on Your Love
11. Love Don’t Love You
12. What Is Love
13. Thanks/Prayer

オープニングの「This Is Your Life」から彼女らのヴォーカルにワクワクさせられます。

1stシングル「My Lovin’ (You’re Never Gonna Get It)」は、ファンキーなパンチのあるR&B。

「Free Your Mind」、ヘヴィメタルなギターとブラックミュージックの融合が衝撃的でした。こういうのも素敵!って思えたのは、彼女達のパワフルなヴォーカルがあってこそ。ほんとfunkyで、聴くだけで強い女になれた気分がします。

「Desire」は、アラビアンな風味(Michael JacksonのBADに入っている「Liberian Girl」のような)が艶めかしい。

2ndシングルカット曲の「Giving Him Something He Can Feel」は、Curtis Mayfieldが1976年の映画「Sparkle」のため作曲してAretha Franklinが歌った「Something He Can Feel」のカヴァー曲。Dawn Robinsonの伸びのあるリードヴォーカルに、レトロを感じるコーラスが光ってます。

「Yesterday」はThe Beatlesのカヴァー、アカペラなんかな?

Destiny’s Childもindependent womenだったけど、彼女達もindependentでstand-tallでかつsophisticatedでかっこよかった。

(2011年以前に掲載分)


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です