Omar - There's Nothing Like This

大人な気分! There’s Nothing Like This – Omar

英国シンガー Omar のデビュー・アルバムで1990年発売の「There’s Nothing Like This」。

ちょうど私が大学入学当時によく聴いていて、なんだか大人になった気分にさせてくれたアルバムです。凄くシンプルな曲づくりなのに、Omarのセンスが光っているのか、シンプルさが永遠なのか、今聴いても全く古臭さを感じさせない。歌詞もシンプルだし。

歌声も、ヘタウマの中にセンスを感じる・・・USモノには無い雰囲気が、よりエキゾチックさが増してオシャレに聴こえるのかなぁ。

Omar - There's Nothing Like This

  1. There’s Nothing Like This
    低音から伸び伸びとリズムにのるOmarの歌と、シンプルな中にKorg M1(シンセサイザー)の色んな音が聴ける(ほとんど全曲そのようだけど。クレジットに書いてあるから。)ちょっと昼間にリゾートでくつろいでる・・・そんな曲。
  2. Don’t Mean a Thing
    🎶Don’t Mean a Thing~のコーラスが耳に残る、ファンキーな曲。A fiction of beauty turned into fact.
  3. You and Me
    モロ、シンセサイザー・サウンドでホントにシンプルな音なのに、女性シンガーのVannessa Simon(他の曲のbacking vocalでも参加してる)と掛け合いがドラマティック。
  4. Positive
    New Jack Swingテイストなんだけれど、シンプルさ(何度も言うが)がかえってオシャレに聴こえるっていう不思議な曲。
  5. I’m in Love
    ネオ・ソウルのUK盤という感じか。Caron WheelerがNaomi Osborneって方とbacking vocalsとしてクレジットされてるんだけど、あまりわからない。
  6. Meaning of Life
    なんだかPrinceっぽいfunknessを感じる曲。ほとんど全曲でbacking vocalも自身でやっちゃってるOmarの、色んな歌声が聴ける曲。
  7. Stop Messing Around
    これもNew Jack Swing味を感じるんだけど、ほんと上手く料理してるサウンドだわ~と感じさせられる。ん~、サウンドじゃなくて、特徴的な声だからだろうか?もう、Omarの全てが楽器?かも。
  8. Serious Style
    入りのKorg M1のラインがカッコよく、ワクワクさせる。UK的なgroovyさを感じる曲。
  9. I Don’t Mind the Waiting
    もはやここまでくるとKorg M1で遊んでるのか・・・とさえ思える。
  10. Fine (Aapella)
    やっぱりOmarは楽器だ!身体さえ楽器になってる曲。クール!
  11. There’s Nothing Like This (Remix)
    オリジナルより、ほんわかしてる曲調のremix。

2ndも3rdも持ってるんだけれど、正直、印象があまりない。音が洗練されてしまったからな気がする。この1stアルバムの、ライトに泥臭い(というか、もうなんと表現したらいいかわかんないけれど)シンプルなリズムづくりって、狙って出来るものじゃないんだろうなぁ。

このシンプルさと調和したOmarの複雑な歌声が、いつまでたっても色褪せないアルバムにさせてる、そんな気がします。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。