パニック障害もちのワクチン接種1回目

Got Vaccinated! パニック障害もちのワクチン接種1回目

先週の金曜日の夕方、ワクチン1回目の接種(モデルナ)を終えました。

どうしても自宅から徒歩圏内の大阪府の集団接種会場で接種したかったので、7月後半からオンライン抽選を数回トライした。8月に入ってから抽選回数も週2回に増えたので予約とりやすくなってた印象。ちなみに私の旦那も私の前の抽選日で当選して、私の2日前に接種。

ところで私は軽度のパニック障害もち。
私のパニック障害に関するエントリーはこちら
最近はかなり気を付けているから、気を失いそうというまでには至らないことが多くなったけれどね。「起こるかもしれない」・・・経験をしてしまった人は誰でもいつもこの不安と背中合わせだったりすると思います。

あと、私には特定できない程度だけれど、金属などの何等かの素材や食材に対するアレルギーが明らかにある。顔全体、腹部や大腿部、腕に発疹があったのは各部位に数回以上か。訳の分からない腹部の痛みにのたうち回って(憩室炎とは別で)、息ができないこともあった。アクセサリーもダメなものと大丈夫なものがあって、素材では区別できない。こんな方もいるかと思います。

ということもあり、ワクチン接種は不安だった。
いくら筋肉注射とはいえ、何があるかわからない。何が原因かわからない湿疹や発熱経験者なら誰でも思うだろうし、特にパニック経験があればなおさらだ。
それでも打ったのは、自分自身で重症化リスクを減らすしかないのと、今後、接種したことでできることの選択肢が増えるかもしれないから(旅行とか)。

パニックを患った人は、何事をするにも不安に感じることが多いのです。健全だった頃の私には考えられないことが起こるから。私は病院での出来事が引き金になったこともあって、病院に行くのさえ煩わしい。狭くて混雑した待合室などは気が気じゃなくなることもある。採血の注射は全く平気なんだけれどね。

今回、私のワクチン接種の状況と感想はこんな感じ。

  • 十分睡眠をとって、必要なもの(飴・水筒)を持参した。
  • 近所から徒歩圏内で、行き慣れている場所だった。
  • 接種会場には案内が適切になされていて、混雑してなくてスムーズ。
  • 各所でスタッフの皆さんが愛想よく接してくれるので、こちらもにこやかに接することができた。スタッフ以外の人と接触することもなく、他の人の行動にイライラすることもない。
  • 会場の天井が高く広いので、閉塞感がない。また、接種前後の待機場所は一人一人のスペースが確保されているし、大型扇風機(よく工場にあるあれ)で風を回してくれていたのでマスクをしていても息苦しさがゼロ。
  • 沢山の医療従事者の方がいるので、「何かあっても対応してもらえるだろう」と思える。
  • 飴をずっと舐めていられた。(私のパニック発作用常備薬
  • 私に接種してくれた看護師さんは上手かったのか、終わったことも絆創膏貼られたこともわからなかった。

ただ、事務所から自宅までの道のり(これも徒歩だけど)、会場に出かけるまで(30分程度)が動悸がして手汗が滲み出る。いつものように深く息をすれば、それ以上になることもなく落ち着けた。会場で受付して一旦進みだすと、スポットごとに人と喋る機会があるし(健全な人にとっては煩わしい確認事項だけの会話だけれど)、慣れた受け答えでスタッフの方がスムーズに回してくれるから気を使わなくいられることがありがたかった。手汗はかけど気は紛れているからか、動悸や息切れ、目眩いに襲われるタイミングがありそうなことは全く起こらなかった。

経過はこんな感じ。
接種後家に戻り、夕食を食べてゆっくりして特に何も変化はなかった。あまり痛みも感じない。
翌日の土曜日は、スーパーから戻った昼過ぎから、だるいと思ったら微熱があって、接種した左腕が痛み出した。その日中、ベッドで安静にしていたんだけれど、左下にして寝ようとすると腕が痛すぎて寝にくくてツラかった。食欲はあるので食事は普通にとって、安静にしながらもお水はなるべく飲むようにしてました。クーラーかけてたけれどこの日は暑かったうえに熱があるのだから、お水は絶対に摂っとくべきだと思う。

その翌日の日曜は朝から平熱に下がり、腕の痛みも押すと痛いくらいで寝ることができたので随分と楽になった。普通に家でゆっくり過ごす。月曜日は朝から仕事だったけれど主にデスクワークで済む日だったので気楽に過ごしたが、夜はまた微熱がありました。まぁ、こんな感じが続くんだろう。

私は旦那と二人暮らしで、事務所でも自分達で仕事していることもあるから気楽だし時間調整もしやすい。また旦那も自分でなんなとやってくれる人(家事・炊事含め)なので、こちらがお願いすると大抵の事はやってくれるからありがたい。

お子さんがいる、一人住まいでありかつパニック発症する人は私よりもっと大変だと思うけれど、なるべく接種日以降3日間くらいはゆったりできるように、食事の買いだめをしておくとか、洗濯や掃除もさぼれるようにしておくとか、会社休みにしておくとかした方がいいと思います。

あとは、どこで接種するかも重要かもしれません。
電車乗っていかなきゃならない方は本当に大変だと思うけど、できれば大きい広い接種会場のほうがいいかもしれない。かかりつけ医で安心できる方はいいけれど、スタッフが沢山配置されていて広々としてゆったりした気持ちになれる会場のほうが気持ちを落ち着けやすいかも。

わたしのようにワクチン接種に前向きだけど、どうも気になるから・・・という人に、少しでも参考になれば幸いです。

【追記 2021/9/8】
接種後10日くらいして腕が熱っぽくて痒いな~と打った左腕を見たらえらく赤く腫れてました。見事、「モデルナアーム」です。
腕を冷やして(体温自体は平常よりちょっと高めくらいだった)朝だけイブを飲んで(これで夕方までもつので)、水分多めに取るようにしてます。ちょっと、頭痛とふらつきがある時間が少しある。体がだるい。現在3日経過で、腕の熱っぽさと腫れは引いてきています。ワクチン接種後は、ゆったり過ごせる環境づくりが必要ですね。

Yahooニュース >> 約18人に1人に「モデルナアーム」の症状…そのうち女性が83%となぜ多い? 調査した自衛隊中央病院に聞いた(FNNプライムオンライン)

Healthline.com >> What Is COVID Arm?

US News >> Moderna Vaccine Can Trigger Red, Itchy ‘COVID Arm,’ But It’s Temporary


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です