CARMEN: A HIP HOPERA (2001) 邦題:カルメン:ヒップ・ホペラ

CARMEN : A HIP HOPERA – ビヨンセのためのヒップホペラ!

MTVプロデュース、2001年公開、ビヨンセ主演の「CARMEN : A HIP HOPERA 邦題: カルメンヒップ・ホペラ」。

ビヨンセのためにある映画です。プライド高く、美貌をふりまき、夢は実現するためにある・・・と生きていくカルメンの姿は、ビヨンセそのもの。love storyとしては単純すぎではあるけどね!(笑)

CARMEN; A HIP HOPERA 邦題:カルメン;ヒップ・ホペラ (2001)

Director: Robert Townsend
Starring: Beyonce Knowles, Mekhi Phifer, Mos Def, Rah Digga, Joy Bryant, Wyclef Jean, Jamaine Dupri, Da Brat, Lil’ BowWow

映画のタイトルに「hopera」とあるように、operaとhiphopが融合しています。ビヨンセも歌で聴かせるのではなく、ラップかましてくれていたりします。

でも、それよりもびっくりしたのがメキ・ファイファーのフロウです。かっこいい! いや、私は「CLOCKERS 邦題: クロッカーズ(1995年)」から目をつけています。Angelina Jolieがまだいい雰囲気で主役をしていた映画、「Hell’s Kitchen」での役柄もハマっていたよね。

この映画はストーリーよりも雰囲気を楽しむものでしょうね。モス・デフが悪刑事役で出演しているけれど、彼には「善」でいてほしかったな。それでもなかなかいじわるそうに演じていて、それはそれで面白いです。今ではもう”Lil”でも無くなったバウワウですが、この頃はまだ可愛い子どもだったのね~。

オープニングとエンディングはDa Bratのナレーション。Rah DiggaとJoy Bryantがラップするところで、えらく80年代なPVを感じさせるシーンが(テクノトロニックの”Pump up the Jam”など!)。Joy BryantがなんだかNenah Cherry(懐かしいぞ、”Raw Like Sushi”!)を思い出させるし。

とにかくBeyonce好きな人は必見です。



RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です