SLOW BURN (2005) 邦題:ダウト

SLOW BURN (2005) 邦題:ダウト

Directed by Wayne Beach
Starring: Ray Liotta, LL Cool J, Mekhi Phifer, Jolene Blalock, Taye Diggs, Chiwetel Ejiofor…

これまた、ベタな邦題。
「The Usual Suspects」の上のいこうとして作られたのかそうでないのかはわからないですが、集中して見ていないと誰がどんな役割なんだか、わからんようになる映画ですね。それも役の背景の設定(特に女検事補の黒人かそうでないかのところ)にムリがあるからかも? いや、LL Cool Jの不敵な笑みのせいかも?

SLOW BURN (2005) 邦題:ダウト

知事に立候補しようとしている検事(Ray Liotta)の優秀な右腕の検事補(Jolene Blalock)が殺人容疑で逮捕されている間に、被害者の親友と名乗る男(LL)がその検事補とは別の証言をはじめる・・・それの背後には大きな事件が隠されていたとは!

Ray Liotta以外の主要人物は黒人ばっかりなんだけど、それもまたなんだか不自然というか。どの街が舞台だったかによるかもしれないけど、変な箇所に「黒人になりたがる白人」、「黒人は強い」だのという表現が出てくる割には、その描写なんてほとんどない。なので、そんな表現は飛ばして「誰がダニーか、誰がハメられたあ」というところをじっくり見なきゃ、ほんと、わけわからんようになります。


RELATED POSTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です